かわいいハンコ

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回は男性側からみた女性のハンコについての感想を話したいと思います。

私の職場は扱っている商品の関係上、女性の割合がとても多いです。
この話を友人等に話すとうらやましがられたりしますが、けっこう女性ばかりの現場って見えない苦労が多いので、大変なのですよね。

ちょっと話はそれましたが、管理職という立場もあり、けっこう部下の小物についても気になったりします。

例えば、印鑑についても人によって、かなり違います。
ただが、認め印と言ってしまってはそれまでなのですが、かわいい柄のものや和柄の落ち着いたもの、定番の黒色のものなど、それぞれの特徴をよくあらわしていたりします。

皆さんのハンコは、どういったハンコですか。
男性と女性の1番の違いってなんでしょうね。

それはお化粧をするかどうかかと思います。基本的に女性は見た目に気を使うかと思います。そんな女性にお勧めな印鑑を紹介したいと思います。

それはどんな印鑑かというと、花柄、チェック柄、和柄など、持ち手部分がかなりきれいでかわいい模様になっている印鑑です。

普通、印鑑って黒ですが、こんな印鑑を使用している女性って魅力的ですよね。

ほとんどの方が認め印用に購入されているようですが、実印や銀行印にも使用できますので、皆さんもいかがですか。数年後にはほとんどの女性がこういった印鑑を使用しているかもしれませんね。

女性特有の問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

男女平等が基本となっている世の中で、まだ日本においてはなかなか変わらない事があります。

それは、嫁入り文化です。
今の時代も、多くの方が婿入りではなく、嫁入りしているケースが多いです。

これに伴い、名字も男性側を名乗る事となるのですが、その際に印鑑をすべて買い換える必要が出てきます。
認め印等であれば、買い替えの問題だけで済むのですが、実印や銀行印となるとちょっと手間が必要ですよね。

最近は、そんな悩みが無いように、初めから名字の印鑑ではなく、名前の印鑑をそれらの登録に使用している女性の方が増えているそうです。

確かに、名前の印鑑であれば、一生使用する事ができますので、よいですよね。

皆さん、こんにちは。

突然ですが、皆さんの周りで結婚した方の中で、名字を女性側に合わせた方ってどのくらいいるでしょうか。
たぶん、ほとんどの方は、男性側に合わせる場合が多いと思います。

私の周りに関しても、婿入りした友人くらいで、後はほとんど、男性側となります。

そんな女性ならではの悩みの一つに実印登録があると思います。
独身女性の場合に、印鑑登録をしても、結婚を機に変更しなければいけなくなります。

実印は、認め印等とは違って、簡単に買え変えて、おしまいという訳にはいきません。

変更登録にも、時間がかかりますし、印鑑自体も高価となります。
そんな女性の方へアドバイスです。
名前で実印登録はいかがですか。
これなら、結婚したからといって、変更する必要はありません。

最近、名前で登録する方はけっこう増えていますよ。

結婚の記念品に

| コメント(0) | トラックバック(0)
これから結婚を控えている友人に印鑑のプレゼントはいかがですか。

今は、カラフルな印鑑や和柄等のおしゃれ印鑑等がたくさんあります。
ほとんどの女性が結婚を機に苗字が変わり、新しい印鑑が必要となります。
新生活に必要な道具として印鑑のプレゼントは良いのではと思います。

印鑑は、実印や銀行印等の他に、認め印や仕事用の印鑑など、余計に数本あっても不便なことはありませんし、とても便利です。

上記のおしゃれハンコにメッセージを彫ってくれるサービスもあるそうなので、『結婚おめでとう!末永くお幸せに』等のお祝いのメッセージ等に良いのではと思います。

一生の記念になりますよ。

女性用の印鑑

| コメント(0) | トラックバック(0)

女性専用の印鑑という訳ではないですが、最近のハンコ屋さんには、カラフルなハンコ、花柄、和柄、中にはネイルアート仕様といったものまで、置いてあります。

少し前のハンコ屋さんでは考えられませんよね。
私自身も、先日、認め印用にカラフルな印鑑をインターネットのサイトにて購入しました。
ぱっと見たときに気に入り、購入しました。

私は、どちらかというとインドア派で、休日は、できる限り外に出ないようにしています。
そんな私にとって、インターネット通販はとても助かり、なおかつポイントもつくので、助かります。

ちょっと話はそれましたが、女性の皆さん、かわいい印鑑、おしゃれな印鑑がほしいという方はぜひ、サイトをご覧ください。

インターネット通販で女性用の印鑑を買う場合、オランダ水牛という印材があるそうです。
印鑑お役立ち.comというサイトに紹介されていました。

おしゃれハンコ

| コメント(0) | トラックバック(0)
 皆さん、『おしゃれハンコ』は御存じですか。
つい、5~6年前から出始めたのではないかと思います。
一度、インターネットで検索してみて下さい。

 ちなみに私は、このおしゃれハンコを3本、所有しており、認め印として使用しています。
どんなおしゃれハンコかといいますと、一番のお気に入りは、桜の模様が散りばめられた白を基調としたハンコです。
これは、あるハンコ屋さんのサイトにて購入しました。
そのサイトには、50本程度のおしゃれハンコがあり、私は昔から桜が好きなので、その中から選びました。
宅配便の受領印を捺印する際は、そのお気に入りのハンコを使用しますが、使用するだけで、幸せな気分となります。

オフィスで使う認め印はちょっとかわいいのが良いんじゃないですか?

ケースなんかも凝ったものが欲しいし、印影の部分アニマルだったり、キャラクターものがたくさんあります。

まるでリップのような見た目の印鑑もあって、とにかく迷ってしまいます。
しっとりと和柄、キラキラのラメなどがあしらわれて、印鑑には見えないものがたくさんあります。
名字だけじゃなくて、名前だけの印鑑も作ることができます。

みんなで一緒に作るというのもおススメかもしれませんよ。
ノリの良い仲間で、その部署の印鑑は個性的で面白いという話題を振りまくのもいいかも?
上司のOKさえ出たらの話ですけれどね。

捨印の扱い

| コメント(0) | トラックバック(0)
捨印について、あなたは注意していますか?
書き損じた紙と一緒に捨印が捺してあるものを捨てて拾われでもしたら...。
悪用される可能性があります。

捨印を捺しての書類の提出には細心の注意が必要ですね。
実は、捨印には義務があり、拒否することができるものなのです。
勝手にどうぞというものでもありますから、やはり信用できる場所
(金融機関など)で捺すだけにした方が良いかもしれませんね。
印鑑は自分の証明でもありますから、とんでもないことに
使用された時には、大変な大事故になりかねないということです。
印鑑はそれほど大切な存在、ということなのです。

印相の話

| コメント(0) | トラックバック(0)
印相というと、人相がいいとかいう類のもので、
良い印相の印鑑をお持ちで、という話になることがあります。
○○先生が彫ったものでして、ということが貴重がる方もいらっしゃいますが、
これも人それぞれのことでしょう。

印相が良いというのは、印面が整っていて、字体がキレイなものですが、
好き好きによっては変わりますね。

印材にしても、高級なものが絶対によいと思っている方もいますが、
貴重なものを使っていることに意義を持つこともあり、真相については、
良いと思ったら、それが良い印相という結論になってしまいますね。
貴方の印相は良いでしょうか?